ウェブデザインReview

当サイトでは、ウェブデザインのオススメサイトについてご紹介しております。
表現力豊かで秀逸なデザインのウェブサイトであれば、訪問者に対して訴求力のあるアプローチが可能になります。ネット上でうまいデザインのサイトを参考にしつつ、あなたのブログやホームページをカスタマイズする際に役立つような情報をご紹介していきます。

カテゴリごとにウェブデザインをレビュー

各ジャンルごとに、秀逸なデザインのサイトがあればレビューをしてください。ただ今、レビュー投稿については停止しておりますが、いずれ再開する予定です。ちなみに、当サイトはリンク集ではございませんので、相互リンクなどについては受け付けておりません。あらかじめ御了承ください。繊細で格調が高く、シンプルでエレガント、なおかつディテールにわたり細部まで作りこまれているデザインのサイトをご紹介しております。

エンタメ系
エンタメ系のサイトは、テキストベースよりも動画やフラッシュを使用している動きの多いサイトが多い傾向にあります。

ウェブ系
テキストベースのサイトが多いので、長時間滞在しても目が疲れない工夫のされているシンプルなデザインが多いです。

ブランド系
繊細、かつエレガントなデザインが多いです。単に商品画像を並べるというものではなく、ブランドイメージを訴求しているコンテンツも多いです。

金融系
過度な装飾は少なく、シンプルなサイトが多いのではないでしょうか。

ウェブデザイン改善のポイント

■スタイルシートでのウェブ作成
テーブルタグのみでホームページを作成しているケースも多いですが、ウェブデザインをする際はスタイルシートで見た目の部分を独立させる作り方をするとよいでしょう。スタイルシートはCSSとも呼ばれており、シンプルで汎用性のある作り方です。tableタグで作る方法にもメリットもありますが、もともと表を作成するためのhtmlタグですので、サイトのレイアウトを規定するにはむいていません。

■写真や画像などの素材
背景画像やアイコン、あるいはフォント表示などにきれいな素材を使用すると繊細なウェブデザインが可能となります。加えて、ロゴについてもオリジナルのものを利用するとよいでしょう。 素材についてはツールを使用して作成する方法もありますが、出来合いの素材を購入してしまった方がコストパフォーマンスが高い傾向にあります。

■表現力豊かなフォントの採用
訪問者にセールスする際は、反応のよい見出しやキャッチフレーズはもちろん、それを文字スタイルでも的確に表現する必要があります。ただ、色彩はそれほど多様性のあるものは使えません。原色を避けた黒や赤など、ほぼ使用できるカラーはあらかじめ制限されています。差をつけるには、やはりユーザー環境に左右されないフォントを使い、画像を使用してライティングするべきなのです。